スケジュールを考える_001
退職へ向けた話が具体的に決まった今、全ての主導権は私にある!!

・・・いや、有給消化とか含めて、スケジュールを決めないといけないだけですが。 

有休の余りが約40日もあるという現実

いや、40日も有休が余ってるとかどんだけ休んでないの。
本来休めるのは良い事なはずなのですが、状況が状況なだけに微妙な心境。

毎年10月に支給される有休。20日の有休が支給されます。
支給された有休は翌年度に限り、持ち越すことが可能です。

しかしながら、無駄に仕事熱心であまり休まない社畜な方々は、毎年9月に入ると有休消化に悩むこととなるのです。

私もその一員だったのです・・・!

退職は6月になる可能性とボーナス支給

さて、約40日も有休があるということは、有休消化後の退職は2ヵ月後になります。

昨日の記事にも書きましたが、3月中には仕事を片付けなくてはなりません。
それを考えると、退職は6月になりそうです。

そして、6月はボーナス支給日

まるではかったかのようなタイミング。
ここである疑問がでてくるのですが、退職する人間にボーナスは支給されるのでしょうか。

ネットで検索すると以下のページに辿り着きました。
こちらのページによると、ボーナス(賞与・特別手当など)の規定を確認してみる必要があるようです。
会社によって決まりが違うようですので、同じ疑問に辿り着いた方は確認してみましょう。

さらに退職金で借金の返済も見えてくる

退職金の総額は約180万円の予定です。
現在の借金を完済しても、約40万円のお釣りが返ってきます。
さらにボーナスが入れば、少し余裕ができますね。

この退職金についてですが、退職してから30日以内に退職者へと差し出さなければならないようです。
あくまで私の会社の規定ですので、ご注意ください。

つまり6月に退職した場合、6月中には退職金を手に入れることが出来ます。
よって、借金完済は6月の予定ということになります。

最期に

退職への道筋が具体的になったことにより、借金完済への道程もハッキリしました。
毎月ちょこちょこと返済する生活から解放されるという訳です。

しかし、こうやって退職金を投入しないと完済できないなんて、借金は怖いもんです。

約140万円の借金・・・。
人によっては少ないように見えるかもしれませんが、利息を考えると大変な金額になります。
毎月の返済だけでは、あまりにも年月が掛かり過ぎます。

とにかく、完済への道がハッキリした事が嬉しいところです。

ブログランキング・にほんブログ村へ