card_004
ついに労金の借り換えについて申し込みをしてきました。

色々と分かったことがありますので、今回はそちらをご紹介いたします。 

借り換えを実施したら、カードローンは解約しなければならない

まず今回は、労金のU-30マイプランという カードローンで借り換えを行なうことになりました。
金利はなんと4.5%と圧倒的です。

そして限度額150万円で申し込み。毎月の返済はなんと2万円。
この150万円の中から、3社(レイク、バンクイック、オリックス銀行)の返済を行う訳です。

それで今回申し込みの中で分かった事として、借り換え実施後は、借り替えを実施したカードローンは解約しなければならないという事です。

その際、解約証明書なるものの発行も必要という事ですので、覚えておきましょう。
そしてその解約証明書を労金側に提出しなければなりません。

とにかく、労金一本で返済をするには、他社を切り捨てねばならんのです。

振り込み日を決め、その日に各社完済するようにする

新たな150万円の借入額から、各社への振り込み日を決めなければいけません。

私の場合は27日を提案されました。
振り込み用紙に記入後、27日に各社の返済口座へ完済金額分を振り込むのです。

自分で150万円の中から、自由に返済していくもんだと思っていましたが、労金の場合違ったようですね。
各社完済したかどうか、しっかり目を光らせているようです。

そりゃ借り換え目的で貸した150万円を、好き勝手使われたら困りますからね・・・。
こんなまとまったお金があったら、人によっては散在してしまうはずです。

その証明として、解約証明書の提出があるわけですね。

その他注意点

契約書の中に契約日が記載されているか、今一度確認しておきましょう。

私の場合、オリックス銀行とバンクイックについて契約内容が記載された書類に、契約日が載っているものと思い込んでいました。
しかしバッチリ記載されていなかったのです。

この場合、問い合わせ窓口に電話で確認する事になります。
実際私も申し込み中に電話で確認したのですが、契約日は分かればメモ程度で構いませんので控えておき、労金側へ伝えましょう。

また、各社のコンビニ返済時の明細票を提出したのですが、ファミリーマートの明細票の印字が薄かったのがよろしくなかったです。
自分が行ったファミマだけなのかもしれませんが、労金側に提出するのであれば、しっかり印字された明細票を提出するようにしましょう。

最後に

まずは審査に通る必要があります。
3日くらい掛かるとの事ですが、担当者のお姉さん(既婚)によると、「まぁ通るでしょ」とのことでした。軽いな。

とにかく一歩前進!
退職したらこの借金も一瞬で完済ですが、 保険としてバッチリ機能します。

進展がありましたら、またご報告いたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ