何処までも続く街並み
本日は「ケチな節約をやめると、なぜお金は貯まるのか? あきさんが教えてくれた」という記事をご紹介。
 
節約するのは良いですが、やり方が重要のようです。

我慢する節約は続かない

記事内では、
食材は、かならず特売品をチェック。

美容院は、1000円カット。

洋服は、1着1000円。

外食は、ファミレスやフードコート。

家族のレジャーと言えば、無料の公園が定番。

安い宿を探して旅行に行っても、お土産はなし。
このように、とにかく安いもの、そして安く済むようにする事がお金が貯まる近道と思っていたとあります。
う~ん、これは今の自分だぞ。

そんな行き過ぎた節約をする中で、次のことが思い浮かびます。
ある時、ふとこんな疑問が頭をよぎりました。

「もしかして、こんな我慢ばかりの生活が一生続くのだろうか」と。
これは、自分も考えたことがあります。
毎日数百円の食費で、贅沢もできず、いつまでこんな生活を続けるのだろうと。

我慢ばかりの生活では、やはりどこかで限界がくるらしく、一気に節約生活も崩壊するとのこと。
思い返せば自分も、昼食を取らなかったり、夜の食費をかなり切り詰めたりしていましたが、どこかで無駄遣いをしていたような気もします。

やっぱりこういう節約は精神的に荒んでいくんでしょうか。

では、どういった節約が正しいのでしょうかね。

予算を決め、その中で好きに買う

やはり節約する中でも、贅沢はしたいものです。
そうするためにも、まず予算を決めてしまい、その予算内で好きなものを買う、というルールが良いそうです。

たしかにあらかじめ決めた予算内で買えば、ひと月の支出を予想する事もできます。

今の私は、とにかく安く済ますことに、こだわり過ぎてますね。
1日でどれだけ使っていいというようなルールもありませんし、その日その日で支出が多かったり少なかったりしてます。

節約とは言いつつも、これではいつまでも「なんちゃって節約」のままですねぇ。

今の私の節約の改善点として、まず「1日の予算を決める」事をしてみようと思います。

最後に

思えば、これまで真面目に節約について勉強したことは無かったように思います。
記事にある通り、とにかく安く済ますことだけが節約だと思い、実行してきました。

ですが、結局それは我慢ばかりの良くない節約だったという事です。
決まった予算の中で、ある程度我慢した分、どこかで贅沢をするというのが、良い節約のひとつということですね。

私の節約生活も一度見直す時が来たようです・・・!

ブログランキング・にほんブログ村へ