解約証明書関連の封筒
各社の解約証明書が揃いました。

これで労金への借り換えに関する手続きの全てが完了します。 

レイク(新生銀行)の解約証明書

レイク(新生銀行)の解約証明書
レイクの解約証明書のみ、郵便はがきで送付されてきました。
中身も簡単なもので、債務の残高を証明するだけのものでした。

画像からも分かる通り、元金残高が0円となっています。
全て完済したことが、このはがきで証明されているのです。

レイク以外も共通していますが、30日に解約をお願いしても、実際の解約日は31日になるようです。
書面にも解約日が31日となっています。

そこからはがきや封筒を郵送し、レイクに関しては4月4日(火)の時点で届いていました。
一週間以内には恐らく届くでしょう。

バンクイックの解約証明書

バンクイックの解約証明書
バンクイック(三菱東京UFJ銀行)の解約証明書です。
解約証明書と言いながら、「カードローン契約終了のお知らせ」と記載されています。
こちらは、封筒で郵送されてきました。

取引店番、口座番号、契約終了日(解約日)が記載されています。
残高等は記載されていません。

バンクイックの解約証明書も、レイクと同時に届いていました。

オリックス銀行の解約証明書

オリックス銀行の解約証明書
オリックス銀行の解約証明書です。
こちらは「解約手続き完了のご通知」と記載されています。
なんか違うような気もするのですが、解約が証明できる書類ではありそうなので、大丈夫でしょう。

社印が押されていることから、この書類の重要性を伺えますなぁ。

オリックス銀行のみ、バンクイック、レイクよりも1日遅れて届きました。

最後に

以上、各社の解約証明書についてでした。
参考程度にして頂ければと思います。

明日、これらのコピーを労金のお姉さん(既婚)に提出するぜ・・・。
これらを提出したら、借り換えに関する全ての手続きは完了します。

そしてその後、鳥取での転職活動へ移る予定です。

ブログランキング・にほんブログ村へ