L字デスクに潜むサンセベリア
借金話ばかりしてても疲れるので、今日は私のお部屋にあるサンセベリアをご紹介します。

先日L字デスクを紹介した際に、こっそりサンセベリアが潜んでいました。

こいつです。こいつがサンセベリアなのです。

サンセベリアって何者やねん

サンセベリア
よく鑑賞用、インテリアで飾られているアレです。
空気清浄効果があるとか、マイナスイオンを吐き出すとか言われていますが、真相は定かではありません。
水素水と同じようなもんでしょうか。

それなりに育てやすい

初代サンセベリア

私が育てているこのサンセベリアは、実に6年くらいの付き合いになります。
もともとはダイソーにて100円で売っていたものです。
その後、ホームセンターで鉢と専用の土、軽石など、見た目以上に割と本格的に育てています。

初心者でも育てやすい植物の様で、実際初心者の私でも今日まで育てる事ができています。

このサンセベリアは、暑さには強いのですが、寒さに弱いのが特徴です。
秋や冬の寒い時期は、水を一切やらずに越すのが一般的のようです。

しかし私は寒い時期にも関わらず、心配になって水をあげた所、案の定根腐れが発生したのでした。
上の画像の初代サンセベリアが全ての葉っぱの始まりなのですが、私の余計なお世話のせいで枯れております。
ですが、枯れたと思われた根っこから葉っぱが生えてきて、奇跡の復活を遂げました。
初代サンセベリアのすぐ隣の葉っぱがそれです。

それが今年の春くらいのことだったでしょうか。
植物の生命力はすごいですね。

葉挿しで増える

サンセベリアは株分け(根っこの部分を一刀両断して分ける)の他にも、葉っぱを土にぶっ挿しても増えます。

このサンセベリア、左と右のサンセベリアで分かれていますが、実はもともと1つのサンセベリアでした。
ある時、植え方がマズかったのか、成長したサンセベリアが自身の重さに耐えきれず、茎の根本がポキッと折れてしまったんです。

「やべー、これ終わっただろ・・・。」と思ったのですが、葉挿しで増えるという情報をキャッチ。
モノは試しと、とりあえず隣にぶっ挿した所、折れた茎の部分から根っこが出てきたんですよ。
それが現在の左側の大きいサンセベリアです。

いやー、衝撃的でしたね。
園芸をやっている方からすると普通のことかもしれませんが、「SUGEEEEEE!!!!」と思いました。
普通折れたやつってダメだと思うじゃん・・・。

このように葉っぱを途中で切って、土に植える事で、サンセベリアを量産することができるんです。
やはり、すごい生命力です。

最後に

寒い時期に余計なお世話をしなければ、暖かい時期にすくすく成長してくれます。

お金もそんなに掛かりませんし、インテリアにも良い感じなので、皆さんもいかがですか。

ブログランキング・にほんブログ村へ