猫に使うな
衝撃の事実が発覚してしまいました。

ハッカ油は猫にとって毒になるそうです。

おいおいおい、待ってくれよ。

みなさんご存知の通り、我が家にはモモちゃんがおります。

よって、対カメムシ兵器の希望の星「ハッカ油スプレー」が使えない・・・ということになります。

おいおいおい、もう買っちまったよ

ハッカ油スプレー材料
ご覧ください、この用意周到っぷりを。
水道水じゃなくて精製水まで用意するという準備っぷり。

そして、買った後に「猫に毒」という衝撃の事実を知るという、確認不足っぷりには頭を抱えるしかありません。

そもそも、なぜ猫にとって毒なのか

そもそも、なぜ猫にとってハッカ油は毒なのでしょうか。

まず猫が苦手とするのは、詳しくは「精油」とのこと。
これはエッセンシャルオイルとも呼ばれるもので、植物の香り成分を抽出したものです。
ハッカ油もミントの香り成分を抽出したものなので、「精油」に含まれるのです。
同じくアロマオイルも猫には良くないそうなので、ご注意を。

そして、それらを猫が苦手としているのは、猫の肝機能に関係しているとのこと。

猫はもともとが肉食動物ということもあって、植物性の成分を分解できないのです。
それに対して、人や犬は肝臓でそれらを分解できるので平気なのです。
精油は植物の香り成分を、何百倍にも濃縮した強力なものなので、たとえ薄めて使用したとしても、猫が吸い込んでしまえば毒になってしまうのです。

ネットでは「猫が泡を吹いた」という体験談もあります。
「そんなことない。」という方もいらっしゃいますが、猫は体調が悪かったりしても、表面上は平気な顔をしていることもあるので、要注意です。

とにかく、ハッカ油などの精油が猫にとって危険という事実は、科学的に明らかになっているので、使用しない方が良いでしょう。
(参考サイト:ヘルスケア大学様)

全く使えないというわけでもないが

とはいえ、猫の手に届かない場所での使用であれば問題はありません。
  • 窓を閉め切ったときの、外側の網戸への使用(カメムシ対策)
  • お風呂での使用
  • 外出時の制汗スプレーとしての使用
などなど・・・、猫が近寄りさえしなければ、色々と使える場面はありそうです。

もともと対カメムシ兵器として購入したので、窓際への使用を検討していたのですが・・・。
モモちゃんは窓際によく座るので、それはできそうにありませんね。

私ができるハッカ油スプレーのカメムシ対策としては、網戸への使用に限られそうです。

最後に

買ってしまった後に気づいたのは、なかなか痛いです。
ですが、使用する前に気づいたのは本当に良かったです。
ただでさえ体調の悪いモモちゃんが、さらに体調を悪くしたらシャレになりません。

この季節はカメムシが越冬のために家に侵入してくるだけではなく、他にも色々な虫が冬に向けて活動的になるでしょう。
ハッカ油スプレーも虫対策のひとつではありますが、猫にとっては毒であるということはみなさんも知っておいて頂きたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ