立ち止まったら即死亡

貯金300万円から借金300万円へ転落・・・しましたが、地獄の底から戻ってきました(2017/8)
借金返済と、それに伴う節約生活などを中心に、日々考えていることを書いていきます。

カテゴリ:日常 > カメムシ対策

カメムシエアゾール

以前、「殺虫剤のパッケージにリアルな虫の画像は必要か。」という記事を書いたのですが、ついに殺虫剤のデザインが変更されたようです。

その名も「脱皮缶方式」といい、見た目は従来通りのキモイパッケージですが、そのパッケージを剥がすことができるようになりました。

キモイパッケージに悩まされた方には朗報ですね。続きを読む

カメムシリバース
カメムシがすごいです。

結構大きい地震がありましたが、そんなのどうでもいいくらいカメムシがすごいです。

本格的に暖かくなり、日中20℃を超える日も多くなってきました。

そうなるともうカメムシ達は、「俺たちの時代がきた」と言わんばかりにシャバの空気を吸い始めるのです。


ここ最近で、カメムシ襲来で困ったシチュエーションが2つありましてね。

今日はそちらをご紹介します。続きを読む

カメムシの復活
ついに、この時期が来てしまいました。

カメムシ復活の時期です。

3月に入って暖かくなり、私の住んでいる地域の気温は16℃にもなろうとしています。

再びカメムシとの戦い、戦争が始まろうとしているのです。続きを読む

鳥取県のはっとうじさん
またカメムシの記事ですみませんが、皆さんは地方によってカメムシの呼び方が違うのはご存知ですか?

たとえば私が住んでいる鳥取県西部なんかでは、「ハットウジ」と呼ばれているます。

なんでも昔、岡山県に八塔寺(はとうじ)というお寺があって、そこのお坊さんでお風呂に入っていない人がいたようで、托鉢に廻る際、子どもが「八塔寺がきた!」と言ったことが始まりだそうです。

子どもって純粋ゆえに残酷ですね。

でもお風呂には入った方がいいよ。続きを読む

カメムシとニュージーランド
とんでもないニュースが飛び込んできました。

日本の車運搬船に害虫のカメムシ、荷降ろし拒否」(読売新聞)

日本からニュージーランドへ車の輸出のために到着した運搬船から、「クサギカメムシ」が発見されたそうなのですが、なんとニュージーランドは荷下ろしを中断させ、そのまま帰らせたとのこと。

クサギカメムシといえば、日本で最もポピュラーなカメムシ。

私自身もクサギカメムシと数々の死闘を繰り広げてきたくらいこいつは難敵なのですが、なぜニュージーランドはカメムシの発見を理由に強制退去を命じたのでしょうか。続きを読む

↑このページのトップヘ